洗浄成分の高いシャンプー

シャンプーは汚れた髪を洗うもの・・・
そう思っている人はいませんか?

シャンプーの本当の役割をご存知でしょうか?
シャンプーとは髪を洗うだけのものではありません。
お肌のケア、スキンケアを目的とし、頭皮環境を整えるための化粧品なのです。

ドラックストアにいくとヘアケア商品としてシャンプーも数多くの種類が並んでいると思います。
シャンプーもその種類によって洗い上がりも違いますし、肌に対する優しさも異なってきます。

シャンプーの種類というのは、その洗浄成分の違いのことをいいます。
シャンプーには大きく分けると高級アルコール系シャンプー・石鹸系シャンプー・アミノ酸系シャンプーという
3つの洗浄成分があります。

ちなみに現在一般的で市場に出ているものは高級アルコール系シャンプーになります。
高級というのは品質、値段が高級という意味ではなく、含まれている炭素数の数が多いということを示しています。
炭素の数が多いほど、あわ立ちがよくとても使用感がいいというように感じます。
とても洗浄成分が高く、流した後に髪の毛がつるつるとした感覚になるのが特徴です。
植物性の界面活性剤が入っていてしっとり感もあるのですが、肌には刺激が強いシャンプーです。
特に頭皮に必要な油まで流してしまうこともありますので、敏感肌、とくにアトピー肌の人には刺激が出る、
またフケの原因ともなるシャンプーでもあります。
他の二つに比べると値段も安く手に入りやすいため一般的なシャンプーです。

次に石鹸系シャンプーです。
石鹸と聞くとごわつくのでは?と思う人もいますが、
もともと石鹸は肌に優しく、全身にも、敏感な顔にも使用できる洗浄用品で、かつ
汚れはしっかりとってくれるので、洗浄力も高くて安全と頭皮環境や髪にもいいシャンプーです。
石鹸は洗い流した後、髪質がアルカリ性に傾くため、その後に使用するリンスにはクエン酸などが配合された
弱酸性のリンスを使用しなければならないのがポイントでしょう。
きしみやごわつきはそういったリンスを使うことによって髪が慣れるので気にならなくなるのですが
高級シャンプーに慣れている人は使用感に好みが分かれるところでしょう。

最後にアミノ系シャンプー。
この中で最も肌に優しく、かつ洗浄成分の高いシャンプーです。
石鹸系との違いは、汚れは落とすが、頭皮に必要な皮脂は落とさないという特徴があります。
皮脂を流しすぎると炎症、乾燥の原因になります。
アレルギー体質の方にもオススメできる肌に安全なシャンプーです。

あなたはどの洗浄成分のシャンプーが気になりますか?
あなたの肌に合った、使用感の好みにあうシャンプーを選ぶ参考にしてみてください。