染毛している人向けのシャンプー

ヘアカラーを使用して髪を染めている人、白髪染めを使用して染めている人など
髪の毛の色を染めることを「染毛」というようですが・・・。

染毛というと堅苦しいイメージがしますよね。

一般的にはヘアカラーといったほうがわかりやすいですよね。

皆さんは、美容室等でヘアカラーをしたあと、どのように自分で髪の毛をケアしていますか?
ヘアカラー専用シャンプーというものを聞いたことがありませんか?
髪の毛を染めた後は専用のシャンプーを使用することで、髪の毛をケアする美容方法があります。
といいますか、これが常識なのですが、実は意外とそのような商品があること自体知らない人が多いのです。

ヘアカラー専用の染毛している人向けのシャンプーとはどういったものなのでしょう?
またなぜカラー後はそのような専用のものを使用しなければいけないのか、
簡単に説明してみましょう。

美容室でシャンプーなどを含む化粧品を進められるのはとても嫌だと思う人も多いでしょう。
しかし、スタッフも商品をオススメするにはそれなりの理由もあるのです。

ヘアカラーした後に専用のシャンプーを使用しないとどうなるか。
結論を言ってしまえば「とても痛みます」

髪の毛を染める場合、薬剤を使用します。
髪の毛のペーハー値をアルカリ性に傾けることで、キューティクルを破壊し
薬剤と化学反応させて色を変えます。

そのため染毛した後の髪質はアルカリ性に傾いています。

美容室でトリートメントは行いますが、急激に弱酸性まで戻すと髪にとても負担がかかるため
元のペーハー値に戻ることは行いません。

ですからヘアカラー専用のシャンプーが必要なのです。
弱酸性のアミノ酸シャンプーが主流ですが、
一般的には2週間は市販のではなく専用のものを使用したほうがいいのです。
もちろん毎日でもかまいません。

ちなみにカラー専用のトリートメントもあります。
使い続けることで発色がかなり長持ちします。

購入するしないはさておき、一度美容院のスタッフと髪の毛のしくみや髪のケア方法を聞いてみてはいかがでしょうか?