シリコン入りのシャンプーとは

最近、ノンシリコンシャンプーというのをよく見かけるようになりました。
ノンというのは、その後に続く成分を使用していないという意味で使いますね。
防腐剤の一種にパラベンというのがあります。
防腐剤を使用していない製品には「ノンパラベン」と書いてありますので、これと同じということです。
シリコン入りのシャンプーとは、成分の中にシリコンを配合しているということです。
多くの人が「シリコン=カラダに悪いもの」というイメージを持っていると思います。

ではなぜシリコンを配合するのでしょうか?
実はシリコンには、質感を良くする効果があります。
シャンプーの場合は、髪の表面をシリコンがコーティングするので、髪がサラサラになり指通りも良くなります。
カラーリングやパーマを繰り返すと、髪にもダメージが蓄積されるので徐々に傷んできますね。
シリコン入りのシャンプーを使うと、髪の表面をコーティングしてくれます。
指通りを良くしてくれるので、一見髪の状態が修復されたように感じます。

ところがシリコンは、あくまでも髪の表面だけをコーティングして、質感(指通りなど)を良くするだけです。
なので、髪に栄養を与えダメージを補修する効果はありません。
さらにシリコンは永久に付着しているわけではないので、やがて剥がれ落ちていきます。
この時、髪のキューティクルも一緒にはがしてしまうので、髪に多くの負担をかけることになります。
剥がれ落ちたキューティクルや、シリコンをうまく洗い流せれば良いのですが、毛穴に詰まってしまうこともあります。
効果よりも質感を優先してしまうので、シリコン=髪によくないと言われてしまうのです。

質感を重視するので、泡立ちも悪くなるので今度は泡立ちをよくさせるために、界面活性剤なども使わなければいけません。
シャンプーの本来の目的である、髪や頭皮の汚れも落ちやすくなります。
しかし潤いを守る皮脂までごっそりと洗い流してしまうので、今度は頭皮が乾燥します。
中には髪や頭皮に負担をかけないシリコンや、界面活性剤もあります。
一般的に使用されているものの多くは、どうしても洗浄料が強いため髪や頭皮に負担が強くなってしまいます。