アラサーからの頭皮対策

年齢を重ねるにつれて、お肌の状態も変わっていきます。
これは髪や頭皮にも、同じことが言えます。

一番のキーポイントになるので、アラサーと言われる年代です。
30歳を過ぎてくると、それまでは感じなかった様々な変化に気づくようになります。
肌のハリや弾力の低下、うるおい不足と同じように、頭皮や髪にも徐々に年齢的な特徴が現れ始めます。
ストレスなども大きく関係していますが、一番の原因は加齢による老化現象です。
認めたくない部分もありますが、これは誰もが通る道です。
髪のハリやコシも年齢とともに、少しずつ失われていくので髪のボリュームが出ないという悩みも出てきます。

最近は結婚適齢期も徐々に高くなっているので、30代前後で出産をする人も増えていますね。
妊娠や出産では、体内のホルモンバランスも大きく変化しますので、抜け毛が増えたり、頭皮環境も悪化してしまうことがあります。
この場合ある程度は時間がたつにつれ良くなってきます。
しかし加齢が原因の場合は、時間が経過しても何らかの対処をしなければ状態は悪くなっていきます。

多くの場合は髪そのものではなく、頭皮=地肌が原因となっています。
年齢とともに肌の潤いを保つ成分は、減少していきますね。
この影響は頭皮にも出てくるので、頭皮が乾燥しやすくなります。
人によって状態は違いはあります。
乾燥してカサカサに乾ききっていたり、乾いたところを皮脂で補おうとして、過剰に皮脂が分泌してしまいベタつくという場合もあります。

顔のスキンケアと同じように、30代という一つの区切りに頭皮のケアも取り入れていきましょう。
頭皮環境が悪化すると、すぐ下にある顔に悪い影響が出る可能性があります。
乾燥している場合は、潤いを与え保湿ケアを心がけましょう。
皮脂の過剰分泌のような場合は、毛穴の汚れを落とした後に保湿します。
頭皮マッサージは頭皮の血行を促進させ、細胞を活性化するのでとても良い方法です。
爪を立てずに指の腹や手のひらでマッサージできるので、手軽で効果的な方法と言えます。
抜け毛が増えたと感じたら、頭皮環境の改善の他に育毛剤などをとり入れるのもオススメです。
育毛剤は髪だけでなく頭皮環境を改善する効果もあるので、上手に取り入れて行きましょう。